FC2ブログ
 

サリエリにはなれない

   凡庸なる者の守り神

是非

2008/06/30 22:04 murmur | com:0 | edit



M・ナイト・シャマラン最新作『ハプニング』予告編です。
これは、怖い。
是非ご覧ください。

十中八九つまらない予感。
それでも観なければ。
シャマラン好きです。
どこまでも、イッちゃってほしいと思います。

まま、一緒に行く?
無理かね?
ぱぱはどうなのよ?


あ。明日から真面目に更新します。
有限実行!
スポンサーサイト



『メトロポリス』

2008/06/29 18:25 movie | com:0 | edit
メトロポリスメトロポリス
監督:りんたろう
2001年/日本/107分
井元由香
小林桂
岡田浩暉
石田太郎
商品詳細を見る


つまらなくてビックリ。
懐かしい容姿のキャラクターと最先端と思しき美しいアニメーションの融合は素敵なんだけど、内容がいかんせん薄っぺらい。
私は手塚治の原案を知らないけど、もう少し厚みのある脚本に出来なかったのかしら?
SFって設定が広大な割りに、内容がしょぼ過ぎる作品が多いのよね。
私の観方がダメなのか?

え…
まさか、そんなの淋し過ぎ。

『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

2008/06/28 23:58 movie | com:0 | edit
王立宇宙軍~オネアミスの翼~
王立宇宙軍~オネアミスの翼~
監督:山賀博之
1987年/日本/119分
森本レオ
弥生みつき
商品詳細を見る


オネアミスの翼は、小学生か中学生の頃に観た。
何も覚えてないに等しい。
なんとなく少し早かった気がした。
大人が観るアニメ。そんな感じ。

そのうち大変評価の高い作品だと知る。
私の中でオネアミスの翼は、簡単に偉大なアニメ映画になってしまった。

いったい何年振りなんだろう?
結局よく解らなかった。
大人のアニメというよりは、男臭い。
ついていけないと言った方が正しいかもしれない。

予想通り、森本レオの声優は嫌だった。
彼は私にとってナレーターでしかない。

ただ、坂本龍一の音楽は良かったぁ。
さすが世界の坂本ですね。
あと、当時にしてはかなり映像も良かったじゃないかな。
今観ても、古い感じがしないもの。

『ゲド戦記』

2008/06/28 17:31 movie | com:0 | edit
ゲド戦記ゲド戦記
監督:宮崎吾郎
2006年/日本/115分
岡田准一
菅原文太
手嶌葵
田中裕子
商品詳細を見る


これって、酷評されてるんだね。
解るけど、もっと酷い映画は沢山ある。
原作は人気も知名度も高い作品ですが、“ジブリ”という冠があまりに大き過ぎるが故の酷評なんでしょう。
それほどに、ジブリは愛されているのだと実感しました。
そして、今までのジブリ作品のクオリティの高さ、再認識です。


『ゲド戦記』の良いところを語ります。
映像はさすがに美しいです。
さすがジブリです。

そして、主題歌「テルーの唄」。
CMでは全く響かなかったあの歌。
とても良かった。
詩も良いのです。
萩原朔太郎の「こころ」をモチーフにしているそうで、正にこころを打たれてしまいました。


さて、今作とは関係の無いことを語ります。
鑑賞中、主題歌に心が大騒ぎしてしまった私は、映画自体がつまらないこともあり、歌い手を調べる為ウィキしてしまいました。
すぐに引き返すつもりが、本当に退屈だったものですから、そのままウィキにハマってしまいました。(映画は一時停止)


そこで私は、宮崎駿が『ゲド戦記』のファンであったことを知ります。


『風の谷のナウシカ』制作よりも前のこと。
宮崎駿の『ゲド戦記』映画化オファーは、原作者ル=グィンに断られます。
その後の再オファーにも許可は下りなかった。
彼女は当時、アニメを誤解していたのだそうです。

それから約20年後。
『ゲド戦記』訳者・清水真砂子を通して、宮崎駿(の映画)に対する認識を改めたル=グィンは、ジブリへ正式に映画化のオファーを送ります。
駿になら、任せてもイイ!
そう思ったのでしょう。
しかし…


「これまでの自分の作品で既に『ゲド戦記』の要素を取り入れて作ってきたから、今更できない」


駿、断ったがっくり


わざわざ絵文字を使うぐらいショックでしたね。
けれど、同時に、今までの宮崎作品の数々のシーンが、設定が、あの台詞が、走馬灯のように駆け巡り、私は天啓を受けたかの如く打ち震え、泣きました。


そうだったのか…

今までどうして教えてくれなかったのよ!




いやぁ~タイミングって本当に大事ね。
てか、駿の潔さには天晴れだ。
なかなか出来ることじゃない。

紆余曲折を経た後、吾郎が監督を務めたアニメ『ゲド戦記』は、ル=グィンから
「私の本ではない。吾朗の映画だ」と評される。
恐らくこれは批判。
でも私は、全くオリジナリティの無い映画を作るぐらいなら、これくらい壊しても良いのでは?
とも思う。

つまらなかったけどさ!
何が悪いって、素人に任せたジブリでしょ?
私は、やや同情的です。



嗚呼…駿は諦め良いけどさ、私は観たかったよ。
宮崎駿の『ゲド戦記』!
3部作ぐらいでさ!
残念でなりません。


そうそう。最後に。
プロの声優使おーよー!
この映画の1番イヤなところは、そこかな。

夢中3

2008/06/22 17:25 murmur | com:0 | edit







バック・トゥ・ザ・フューチャー入れる自分に少し驚いた。
しかし、疲れた。

夢中2

2008/06/22 16:38 murmur | com:0 | edit




いや~スゴい。
画像荒いけどさ…

夢中

2008/06/22 15:50 murmur | com:0 | edit






素敵ね、これ。
携帯でご覧の方には申し訳ないけど。

| home | next≫

CALENDAR

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

PROFILE

いづみ

いづみ

同性愛者

小説/映画/絵画/写真

CATEGORY

COMMENTS

BOOKMARK

このブログをリンクに追加する

CLICK

RETRIEVAL

ARCHIVE

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる