FC2ブログ
 

サリエリにはなれない

   凡庸なる者の守り神

新カテゴリ

2009/01/29 21:11 murmur | com:2 | edit
どどん!


舞-HiME

舞-乙HiME

舞-乙HiME Zwei

舞-乙HiME 0~S.ifr~

機動戦士ガンダムSEED

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュR2

カウボーイビバップ

新世紀エヴァンゲリオン

Candy☆Boy

極上生徒会

シムーン

マクロス ゼロ



これ、YouTubeで見たアニメのリスト。
静留と出逢ったのは9月ですから、約4ヶ月間でこの作数、我ながら異常だと思います。
仕事して、睡眠時間も確保して、読書して、勉強して。
一体いつ見てるのかしら。
さすが、座右の名が猪突猛進なだけあるよね。(嘘です)


アニメ。
そこまで面白くないし、そこまで好きじゃない。
私を猛進させるのは、溜まりに溜まった鬱積です。
何年、我慢(ってほどじゃないけど)したと思ってんだい。

これからもタダという神々しい条件の下、視聴し続ける所存です。
何年も我慢すりゃあ(べつにそこまで我慢してないけど)、終わらないっつーの。


で。
こりゃ感想書きたくなるってもんで。
読書記録ブログの方にアップしていこうかとも思ったけど、やはりあっちは本オンリーにしたい。
っていうか、今更タイトル変えたくないし…

だからこっちにさくさく感想書いてく予定。
さくさく、に留めないと私が困る。

このままいけばアニメ・ヲタになれんじゃないかとか、ちょっと期待しちゃったけど、監督や脚本に興味ないからダメかなぁ?
でも、一生懸命声優は覚えてます。


私って偉いと思うのよ。
べつに偉くも何ともないけど。
このエネルギーを他の何かに活用出来たら良かったのにね。
スポンサーサイト



ドキッ☆女だらけのチャンバラ大会

2009/01/25 21:32 murmur | com:0 | edit
≪小倉百人一首 参番≫
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の
ながながし夜を ひとりかも寝む
柿本人麻呂


これも懐かしい。
有名だけど、駄作との声も。
良いも悪いも分からんわぁ。




* * * * * * * * *




ついに、はブを読んだ。

はやて×ブレード 1 新装版 (1) (ヤングジャンプコミックス)
はやて×ブレード 1 新装版 (ヤングジャンプコミックス)

(2008/08/19)
林家 志弦
商品詳細を見る


イラストが好みでないから避けてきたんだけど、
何となくそんなに面白くなさそうだから避けてきたんだけど、
(どうやら私、GL二次創作で人気のオリジナルは、きっと趣味じゃなと思ってる。
しかも、大したことないだろう等と偏見も持ってるらしい)
買っちまったよ、1~9巻。

キャッチ・コピーが
攻めるも乙女、受けるも乙女
なんですね。
それを知って読む決心がつきました。
レズビアン要素を期待したわけではなく、レズビアン要素をギャグにする清々しさに、やや期待したからです。

で、思ったよりも面白かったんだな。
珍しく漫画を熟読しました。
ひつぎ会長が好きです。
特権階級+最強+マイ・ウェイ。
麗しいコンボね。
ダレる前に完結してほしいけど、まだまだ先は長そうだ。

はぶ、か。
これ、ノンケの女性がどう感じるのか大変気になります。
素敵なギャグ漫画だと思うのですが。




『マリア様がみてる』が一応完結したそうですね。
何年続いてたんやろ?
所謂“百合”市場がここまで発展したのは、マリみてのお陰だろうと勝手に思っていますが、如何せん私は百合、或いはGLに詳しくないので信憑性はありません。

何冊か読んだけど、私にはぬるいんだよねぇ。
あれだけイチャコラしといて、恋愛感情だと明確に示さない作風が腑に落ちないし。
恐らく前述した偏見は、マリみてにハマれなかった所為で根付いたと思われます。

著者の筆力は何気に評判宜しく、流すようにしか読んでいない私としては再チャレンジしたいなと思っていたのだけれど…
膨大な冊数に着手は難しいね。
シリーズ物を読むなら、『十二国記』を優先するべきな気がするし。

いやはや、しかし。
本当にお疲れ様でした。
最終巻の評判の良さに、鮮やかな終尾であったのだろうと、読んでもいないのに感動してしまいました。




さぁーってと。
アニメでも見ます。
YouTubeばんざーい。

ロンリーロンリー

2009/01/22 22:21 murmur | com:0 | edit
≪小倉百人一首 弐番≫
春すぎて 夏来にけらし 白妙の
衣ほすてふ 天の香具山
持統天皇


な、なんて懐かしい!
しかく、全く心に響かない歌だな。




* * * * * * * * *




気持ち的に忙しい。
人は、すぐ慣れる。
強欲だなぁ。

ずっと誰にも会ってない気がする。
んなこたぁない。
Kに会った。
元同僚と新年会をした。

そうだ、元同僚の1人が、
死にたいっていうか、いつ死んでもいいっていうか、生きてる意味が分からないっていうか、生きてても特に楽しくない
などと、ざっくばらんにぼやいていた。
彼女は何を言ってもさらさらしてる。
とりあえず私は、さらさら流す。
執着はしていない。
でも、好意はある。

誰も私を知らない場所で、どれだけ正気を保てるか、試してみたいが、怖過ぎる。
しかし私の場合、自意識が薄れるとも思えず、案外平気な気もするのだ。

抱き締めてほしいのよね。
会いたくはないけど。
ああ、誰かに思いっ切り依存したい。

さびしいんだね、きっと。

それは乙女の一大事

2009/01/15 21:33 murmur | com:0 | edit
≪小倉百人一首 壱番≫
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ
わが衣手は 露にぬれつつ
天智天皇


農民を憐れんだってことでいいのかしら。
つまり上から目線で。




* * * * * * * * *




記念すべき第1話のサブタイトルをお借りしてみました。

某月某日、いえ、かっこつけただけで今日なのですが、一大事というか、激震が走りました。
某アニメ制作会社からクレームがあったようで、YouTubeで観れていた『舞-HiME』シリーズがほぼ全滅。

私は今後どのようにして静留と戯れたら良いのでしょう。
絵(画像)は我慢します。
せめて、声(京都弁)だけでも…


結構困っています。



某アニメ制作会社はバンダイ系列ですから、DVDは異様に高いのです。
てゆうか、どんなに安くてもアニメにかけるお金はありません。
どんだけ静留を愛していてもそれは無理。
ごめん、静留。


あれ、ですよね。
~出来ない、~られないなんて、本来有り得ないことですから、つまり私は、静留を愛してないってことですよね?
ええ、これは、極論ですよね。

しかし、困りました。
レンタルさえ嫌なんです。
もう少し自分の中でアニメの重要度が高まると助かります。




つーか、静留の声を聞かないで、何日耐えられるかな。
多分耐えてしまうから、そのうち諦めがついてしまうな。
それは嫌だから、レンタル代ぐらいなんとか作ろうかな。

静留、好きだ!
(なつき風に叫んでみた)

'09 冬の逢瀬

2009/01/13 21:32 murmur | com:0 | edit
逢瀬日。


待ち合わせは12時半に新宿。
予定よりやや早く起きてしまった。
二度寝する。
次に起きたら15時だった。
正に顔面蒼白。

な、何故こんなことに!?
何て言い訳をすりゃいーんだ!?
いや!そんなことより、連絡を!
電話しなくっちゃ!

なのに、携帯のアドレス帳からKが探せない。
とんでもない慌てっぷりである。

無い!無い!
無いわけがない。
泣きそうになりながら、平常心を取り戻そうと躍起になる。
でも何度探してもKがいない。

帰ってしまっただろうか、と思う。
こんなに待たせて、帰ってくれていた方がいいのかもしれない。
だいたい今から支度したってそんなに時間ないし、来月また時間を作ってもらった方が…


ああ、でも、イヤだ。
会いたい。
会いたい。
どーしても今日会いたい!!!


目覚めた。
驚いたわぁ。
無論めちゃくちゃ楽しみにしてたけど、そんなに会いたかったのね。

つーか、今の私に、こんなにも誰かを求める気持ちが残っていたとは…
驚愕です。

冷や汗かいたものの、良い目覚めだった。




* * * * * * * * *




メゾンカイザーに行く。
最近食べたカンパーニュとクロワッサンに衝撃を受けた私。
誰かに食べてほしくて、知ってほしくて、共感はしてくれないだろうとほくそ笑みつつプレゼント。



誕生日+結婚のお祝いに鞄をリクエストされた。
買い物にも付き合ってと。

キミの欲しい物で文句はないのだけれど、確かキミはひとりで買い物派では?
気まずい思いをするのはキミなのでは?
リクエストされた時点で同情開始。

当日、やはり畏まるキミが可哀相で仕方なかった。
でも、最終的にメロメロな表情を見れた。
乙女をそこに見た。
終わり良ければ全て良し。



帰り道、やっぱり与えられてないような…などと弱気な発言が。
そういうのは、私の方が似合うのに。

不思議ねぇ。
もう10年近い付き合いだけど、今までどう思ってきたのか知らないけれど、少なくとも口に出したりはしなかったのに。
キミは今、自信を喪失している時期なのでしょうか。
(あ!そう言えば、自信がどうのとか書いてたな!)

完璧ですと返してみるも、胡散臭いだって。
でも、何も期待なんてしてないよ。
何も求めてないとは言えないけどさ。



別れの時は、いつも離れ難い。
Kはいつもさっぱりしている(ように見える)。
もっと色んな話を聞きたいし、聞いてほしいのに。

マゾじゃなけりゃ、半年に1回なんてやってらんねーよ、まったく。
年2は貴重でも何でもねーよ、まったく。
もっと会いたいって繰り返し考えて、今日を思い出してニヤニヤする。



そうさ、また8月に逢おう。

もう幾つ寝ると

2009/01/07 20:49 murmur | com:0 | edit
この前(ブログを教えてくれた時)と今日、
思いの外、好かれているのかもしれない。
認めてくれているのかもしれない。
そんな風に感じて、驚いて、ニヤニヤしました。
思いの外というのは、もしかしたら間違っているかも。
無論、キミの好意は知っている。
でも、私はそれを蓄えておくことが出来ない。
忘れてしまう。
だから、知る度に驚き、喜べます。


フレッシュでいいね。




私は、キミといる時の、又はキミと接している時の自分が大変好きなのですが、つまりそういうことなんだ。
何故キミにだけこうも健忘症なのでしょう。
自然と身に付いている正しい不信にも、感心するばかりです。



キミは物知り。
少なくとも私よりは広い知識を持っている。

私は、不甲斐ない。
釣り合いが取れないと、大変落ち込んだこともありました。
私だって、キミに何か提供したいのに。

そんな私の思いをよそに、キミは笑って出迎えてくれるでしょう。

なんて、私は思えないよ。
笑ってくれたことは覚えているけど、次も笑ってくれるとはかぎらないじゃない。
(べつに弱気になってるわけじゃない)




でも、いいんだ。
キミといると私は楽しくて仕方ないから。
こうして会い続けてるいるから、それでいい。




なんだかんだ言っても、つまりは単純にキミのこと好きなのさ。
そういうことさ。

つまりは自己陶酔だった

2009/01/05 21:54 murmur | com:0 | edit
『ナチュラル・ウーマン』を再読した。
予想以上に打ちのめされた。
Sさんはもういないに等しく、だから私は前回読んだ時より冷静だったと思う。
冷静である分、物語に傾倒した。
傾倒した分、掻き乱された。
苦しい。

今、苦しいと吐き出したことで苦しみは緩和され、停滞を許さない己の器用さを、若しくは本能を、苦々しく思う。


私は、ここにいたいのに。

上手く行き来出来るのに。

ならば、ここにいる、ということだろうか。

違う。
きっと違う。




花世はSさんではない。
全く似ていない。

私は容子にはなれない。
羞恥心という名のプライドが、それを許さない。

けれど私は、花世と容子の幼稚で散々な恋愛に、自分の慕情と執着を重ねてしまう。
唯一似ているのは、私の持つ幼稚さなのかもしれない。

後悔をしてきたとは思っていない。
増すしかない執着心に、憤り、困惑し、恍惚感を存分に味わいながら、冗談混じりに彼女を責めてきた。
悔恨など、始めからなかったのか。
または、忘れたのか。

けれど、読み進めるにつれ、もっと伝えたかったと、酷く悔いた。
私はとてもみっともなく彼女を求めていたけれど、そのみっともなさを表そうとはしなかった。
彼女は知っているからと甘え、そのくせ指摘されることを、当然恐れたのだ。

自責の念が押し寄せ、あの時出来たであろうことを思い浮かべ、出来ることでも決して行動には移さない自身を、結局認めることになる。


理想の相手を前にして、私は、私の本質をたっぷりと自覚した。
保身に長けている自分を、憎むことが出来ない。
それを間違っていると否定も出来ない。

なら、どうしたらいい?

分からない。
分からないけど、ここにいたいし、もっと飲み込まれたいと思う。

苦しいと思う、自分に酔っている。

| home | next≫

CALENDAR

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PROFILE

いづみ

いづみ

同性愛者

小説/映画/絵画/写真

CATEGORY

COMMENTS

BOOKMARK

このブログをリンクに追加する

CLICK

RETRIEVAL

ARCHIVE

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる