FC2ブログ
 

サリエリにはなれない

   凡庸なる者の守り神

掘って、掘って、ついでに私も掘ってって

2009/08/31 20:11 murmur | com:0 | edit
津村記久子のデビュー作を読み始めた。
50頁を過ぎたあたりから、こういうデビュー作は初めてかも。
と、思う。

1頁目からやってくれる。
大変好み。
まあまあ上手い。(物凄く上手くなりそう)
でも、好みでもあり巧みでもあるデビュー作はそう珍しくない。
私は、人間を描く作家の姿勢に驚いたんだ。

デビュー作で、こんな風に人間を描いた小説ってあったっけ?
甚く感動。
私が編集者なら、こんな小説を世に出したい。
編集者になりたいとも思ってないのに、突然どうしたんだろう。


ふと、人間を描くことが得意な作家は誰だ?
思案。
おかしいんだ。
誰も思い付かない。
私小説、私小説風、歴史小説は除外。
思い付かない。
どうしても思い出せない。

方向転換。
好きなキャラは?
魅力的なキャラ、誰がいた?

『OUT』の雅子。
大好きだけど、リアリティが足りない。

『ナチュラル・ウーマン』の花世、容子。
無論大好きだけど、人間を描くとはまた違うし。

『家守綺譚』のゴロー。
犬じゃん!

京極堂シリーズの関君。
キャラ立ちし過ぎ。

『微熱狼少女』の三島。
レズビアンだから。
三島って名字が素敵だから。


………全然思い浮かばない!!!


いやいやいやいや!
誰かを忘れている。
人間を描かずして、良い小説が生まれるわけないだろう!
誰かいる筈。
絶対忘れているだけ。



おかしい。
助けてくれ。
気持ち悪い。




てか、思った。
掘り下げるという点では男の方が得意なのかな。
男性作家はよく、自虐的私小説を書くけれど、女はあまりしないよな。
あ、でも、女はエッセイで自虐するな。
この差はなんだ?
不思議だ。
スポンサーサイト



2009/08/29 22:12 murmur | com:0 | edit
拷問を受けるなんて考えたくもないけど、拒否権無く、けれど選択権は与えられるなら、絶対に“鉄の処女”がイイ!
突然“鉄の処女”に心ときめいた。

ところで、トキメキって何?

ウィキったら(そんな言葉あるんですか?)、なななんと“鉄の処女”ってば、空想上の拷問具の可能性があるらしい。
そんなこと知りたくなかったぁー!
と叫んで、途端不謹慎な気がして傷つく。

不謹慎?
そういえば、私はかなり不謹慎な女だった。
いつも誰かを傷つけている気がして怖い。

私を傷つけられるのは私だけなのに。
分かっちゃいるが、何故に私を中心に世界は回らないんだろう…

想像して、その重みも想像して、また傷ついた。

こんなに傷つき易くて大丈夫?
うん。全然大丈夫。

大好きでっす!!!

2009/08/23 22:56 murmur | com:2 | edit
ぬわぁぁぁぁぁぁ!
バレーボール面白かった。
ブラジル好き。
シェイラ好き。
サッサ好き。
ファビアナ好き。
そして、あの鉄仮面マリが気になってしょうがない。

私、バレーが1番好きかも。
大事なものは他に沢山あるんだけど、バレーってストレス伴わない。
こんなに楽しいけど他人事。
気楽だわぁ~
映画とか、小説とか、クラシックとか、声優とか。
私はのめり込み過ぎるから、苦痛も感じちゃうのよね。

WG終わっちゃって悲しいけど、これで時間に余裕が生まれる。
おつかれ、私。



なんとか短文で更新出来た。
短文難しい。
週1難しい。

わらわが美しいから

2009/08/16 19:07 murmur | com:4 | edit
≪小倉百人一首 二十六番≫
小倉山 峰の紅葉葉 心あらば
今ひとたびの みゆき待たなむ
貞信公


みゆきって何?
帝を指すのか?
どうしよ…分からない…



蛇姫というか、ミサトというか、三石女史の話というか。

ぽちっとな?≫

CVメモ9

2009/08/16 18:45 animation | com:0 | edit
アップさせる前に、感じ方が変わってきたりして困る。
寝かせてはいけない。
分かってるんだけど。

ぽちっとな?≫

無題

2009/08/12 20:08 murmur | com:0 | edit
自惚れも、自信も、全く無いわけじゃない。
不安定じゃないけど、揺るぎないものではない。
心地良い。
とても心地良いよ。
このままずっとキミを知らないままでいたいね。


てか、今週の私はちょーご機嫌。
仕事中、ずーっと歌ってます。
しかもアニソン。
ルンルンルンルンするほど、内へ内へと篭りたくなる。
ひとりって幸せ。
なんて、噛み締める。
これで良いのかしら?
まあ、いいか。
ひとりだけど、ひとりじゃないし。

'09 夏の逢瀬

2009/08/11 19:52 murmur | com:0 | edit
今年の夏ももちろん、逢瀬 with K です。
なんだか今夏は地味な逢い引きでしたね。
いや、盛り上がりに欠けたという意味ではないのよ。

本屋で川上弘美の本買ってもらって。
なんだっけ?ほら、サブカルって言葉が似合うほにゃららって店でライターも買ってもらって。
居酒屋へゴー。
ひたすら喋る。
喋る。食う。喋る。食う。喋る。食う。食う。喋る。食う。
まあまあ食ったな。
もっと食えたが、ややダイエット。

ね。何となく地味でした。


地味、だったからなのか、私は今までで1番リラックスしていたように思います。
今更1番って凄いでしょう。
だから、ちょっと喋り過ぎました。
反省したよ。
真摯に耳を傾けてくれるから、話してると楽しいんだ。

そう、楽しかったんだけどさー
もっとキミの話も聞きたかったんだって!
何だか騙された気分。
気分良くって、調子に乗った。
もっともっと、キミにも話を振りたかったのに。
私の馬鹿。



あ、忘れないうちに。

公式調べたけど、クレジットはアレン(岡田君)が1番上でした。

オペラ発祥地はイタリアの様です。
勉強になった。
グッドな質問ありがとう。


しかし、そんなに私は愛愛連呼していたでしょうか。
まあ、確かに最近アピールし過ぎかも。
ああ、どうしよう。
重たく思われたら、生きて行けない。
生きてくけど、ショック過ぎる。
うざがられる前に、控えようと思います。
ああ!既にうざがられていたら、どうしよう!?
いや、私が認識してないKの感情なんぞ、私に何ら影響を及ぼさない。
大丈夫。
まだ、大丈夫。
(と、気持ち良く暴走してみました)




んー。
先に読むと、私信全開になっちゃうね。



どんどん忘れていきます。
やはりゲド戦記とカウビの印象が強く。
あとは、そうね、何だろうね。
楽しかったね。
きっと、お通し嫌いは記憶したかな。
きっと。

| home | next≫

CALENDAR

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PROFILE

いづみ

いづみ

同性愛者

小説/映画/絵画/写真

CATEGORY

COMMENTS

BOOKMARK

このブログをリンクに追加する

CLICK

RETRIEVAL

ARCHIVE

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる