FC2ブログ
 

サリエリにはなれない

   凡庸なる者の守り神

一本道にございます

2008/12/27 22:11 murmur | com:0 | edit
続き。

登場人物多過ぎるわい。






◆家祥/堺雅人

家祥の設定は100%創作でしょう。
主人公の夫を“あんぐ”には出来ないよね。
それにしてもよくもまあ、あんな破天荒な将軍を創り上げてくれました。
堺雅人の目で語る演技はあまり好みではありませんが、家祥は大人気だったようです。
成功だと思います。



◆家福/松田翔太

錚々たる俳優陣の中、演技力に欠けるのは仕方ない。
そもそも家福は若き将軍で、青臭いのも問題ない。
あの真っ直ぐな眼差し、似合っていました。

でも… 舌が回らないのはまずいでしょう。
良い台詞がいつもカタカナに聞こえました。



◆慶喜/平岳大

私の中の慶喜は正にこんなイメージ。



◆和宮/堀北真希

篤子ほどでないにしろ和宮スキーとしては大変不安だった堀北真希。
あいやー。
イメージぴったりあるよー。

恐らくあまり上手くないところと、情熱的な宮崎あおいと全く張り合おうとしないマイペースさが京の姫にマッチした。
堀北には感謝である。



◆瀧山/稲森いずみ

キャスティングを知り、1番イヤだったのは稲森いずみ。
瀧山には貫禄が必須ですので、稲森では力不足だと。
ところが、ところが。
陳謝致します。
お似合いですね、とても。

稲森は徐々に良くなってきて、第49話は素直に感動。
こういう演技も出来るのか。



◆勝麟太郎/北大路欣也

男性陣で最も輝いていたのは北大路欣也だと思います。

(出演時間や重要性等から高橋英樹と比較しますが)
高橋英樹が高橋英樹として斉彬を演じたのに対し、北大路欣也は勝麟太郎としてそこにいました。
勝にしては弱冠年が上ですが、あの瞳の輝きで万事OKでしょう。
後半、幕府だけでなく、物語を支えたのも勝です。
常に天璋院を立て、敬意を示しながらも余裕たっぷりの北大路欣也。
サイコーです。



◆徳川斉昭/江守徹

些か大袈裟な演技も時代劇の真骨頂とすれば、誠に味がある。
しかも美声。
素晴らしく通る声。
私が知らないだけで、舞台役者の大御所と見た!

って、江守徹じゃん!
知らなかった…
こんな良い声、どこに隠してたの?
サングラス外したらそんなお顔なのね。



◆阿部正弘/草刈正雄

草刈正雄は二枚目だとは思うけど、もう少し若い俳優が良かったなぁ。



◆井伊直弼/中村梅雀

めちゃくちゃかっこよかった!
でも、井伊まで善人にしなくても良かったと思う。



◆岩倉具視/片岡鶴太郎

厭らしさが、大変イメージ通りです。



◆本寿院/高畑淳子

あのコミカルさは是非を超越したと思いませんか?




最後に。
脚本家の田渕久美子さん。
この人が、凄かった。
素晴らしい脚本と台詞の数々、どうもありがとう!
関連記事

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| home |

CALENDAR

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PROFILE

いづみ

いづみ

同性愛者

小説/映画/絵画/写真

CATEGORY

COMMENTS

BOOKMARK

このブログをリンクに追加する

CLICK

RETRIEVAL

ARCHIVE

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

RSS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる